スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告 |

三日月と夕焼け

 さて、先月ちどりに大目玉をくらって100回ほど「おたんこなす」と言われてしまった当主様。

 さすがに少し大人しくする気か、息子の迅兵衛を膝に抱えて彼の頭を撫でながら秘蔵の「神様一覧」を眺めています。
 さっきから男神・女神・男神・女神…と一覧表をさんざん見比べては膝に抱えた迅兵衛の頭をスベスベスベ…

迅兵衛「父上!やめてくださいー!父上ってば!!生えなくなるってば!

 息子の抗議にも上の空で脳内グルグルしてるのは次の交神計画のこと。
 実は長女のちどりが今月元服を迎えまして、神様との子供を授かることができる大人の仲間入りをしたんです。
 自分よりも素質が優れている娘が神様との子供を授かる方が、優秀な子が早く授かることになるのは分かってます。けど…

oreshika_0188_20160805163216c02.jpeg
◆開さまの素質点、25点ですw

 「でもちーは、まだ大人って言ってもたった8ヶ月だぞ?」自分の初交神が何ヶ月の頃だったのかは棚に上げて延々と脳内審議してたけど、精神安定剤代わりの息子の頭スベスベが良かったのでしょうか、当主様ひとまず決心がつきました。

開「よし。イツ花、交神の準備!ジン、ちょっと行ってお前の弟か妹を授かってくる!」

oreshika_0205_20160805161236cda.jpeg oreshika_0208.jpeg
◆娘に交神はまだ早い!と開さまがみどろ御前様と交神。良い子をお願いしまーす


・1018年 秋

 無事に交神も済み、いよいよ迅兵衛が初陣へ。
 一族色に染めた新しい装束を着て、父や姉とやって来たのは九重楼。途中で豪雨の中濡れネズミで戦ったり、何だか大笑いしながら攻めてくるでかいダルマおじさんに出会ったり…おっと初陣の迅兵衛にボス戦はまだ早いかな?

oreshika_0223_201608052032509b2.jpeg oreshika_0226.jpeg
◆雨宿りしたいのに建物に入れてくれないケチなおじさん!成敗ー!!

 さすがに初陣でボス戦はちょっと厳しい?迅兵衛大丈夫?と心配したけど進言はなかなか冷静で的確。本人は陽気なワクワク顔で薙刀を構えていそう。

迅兵衛「わー、ちどり姉さんはやっぱり強いな!父上も凄い!ボクも早く術のあわせってやつ?それやってみたいなぁ!」

oreshika_0231_201608052032549be.jpeg
◆迅兵衛はちどりに懐いてるようで、鏡で一生懸命お姉ちゃんの真似をしたがる

 どうやら迅兵衛、心配症の姉と違ってなかなかの楽天家で肝の座った子のようです。将来家族のいいムードメーカーになってくれるといいね。
 ちなみに迅兵衛の髪の毛は本来風の緑色のようです。父にスベスベされ過ぎたせいか、実際はクリクリ頭のままなんですがw

 さて今回も源太の親父殿にしっかり頼りダルマさんには速攻退場願います。そのまま塔の中を駆け上がって、途中で戦った天狗からイケメン神様もバッチリ救出。

oreshika_0250_201608052104515bd.jpeg oreshika_0251_20160805210451f1c.jpeg
◆キラン!お小夜様の息子の迅兵衛のおかげで、やたノ黒蝿さま救出成功!

ちどり「わ、カラスとかカッパの姿じゃなかった…人間に近い姿の神様も、封印されているんですね…!」
開「なんだ、ちー?どうした?さっきの奴に見惚れたんじゃないよな?お父さんだって負けないくらいカッコイイだ…いてっ!」

 「おたんこなす」発言以来、お父さんにもだんだん遠慮しなくなってきたちどりです。子供の頃からの乾布摩擦で丈夫になった身体もすっかり体力がついて、父と比べてすでに50近くの差がついてます。だからつねられるとめっちゃ痛いです。

 いっぽう迅兵衛もこのひと月の九重楼討伐でみるみる成長して逞しくなりました。この分ならすぐに術をたくさん覚えて、あこがれの術の併せだって実現できそう。子供たちが心も体も成長していくのを見るの、嬉しいね。開さま。


 九重楼から帰還するとイツ花がお子様の来訪を告げてくれました。わーようこそ鰯杜家へ!男の子かな?女の子かな?

oreshika_0258_20160805222337c70.jpeg
◆きたきた!3番めの子がやって来ました!

イツ花「いえ両方です、当主様っ!男の子と女の子、おひとりずつ!」

 当家にやってきたのはなんと双子。正確には3番目&4番目の子でした。
 双子はいいよね、一族双子は浪漫です!しかも、お姉ちゃんと弟の姉弟双子!(実はプレイヤー、姉弟双子は初めて。男女双子は兄妹しか授かったことなかったよ)

 名付けはまた、親神様の言う通りで決めますか。委任名付け楽しいです。
 みどろ様曰く、「女の子には月子。男の子には赤丸と付けましょう」とのことでした。

 …えっとお母様?弟の名前ちょっと手抜きしませんでした?思わず「見たまんまやないかーい!」とツッコミ入れたよ(プレイヤー視線で言うと、赤毛の子の委任名付けで「赤丸」って出るのは凄いと思った)

oreshika_0263.jpeg
◆お姉さんの月子は防御力が高くなりそうと期待して開さまと同じ剣士に

oreshika_0264_20160805222340a4b.jpeg
◆弟の赤丸は技土の素質を見込んで弓使いでお願いね

 月子は髪の色や髪質、目元がお父さんにそっくり。自分ではキリッとした眉の形が密かな自慢らしいです(そうだ三日月眉って言葉もある…それで姉は月子って付けたの?みどろ様)。

 赤丸の方は風以外の技の素質が高いみたい。技の土が伸びれば白骨城で手に入れた木霊の弓と相性ピッタリです。本人は夕焼けが苦手な子。空が赤いのが苦手なのかな。それとも寂しがり?

 しかしさすがのイツ花でもはじめての双子のお世話は大忙しで、育児と家事で目がグルグル渦巻きになってる模様。

mori_0063.jpeg
◆そこでひと月の間、開とちどりは双子のお世話をすることに

開「すまん、ジン。本当は俺かちー姉さんが一緒に行くはずだったんだけどなあ」
迅兵衛「大丈夫ですよ父上~!来月には強くなって帰ってくるから、皆で術の併せしましょう!」

mori_0087.jpeg mori_0092.jpeg
◆迅兵衛は相翼院を一人旅。武器はちどりが貸してくれた「お輪の薙刀」だよ

 「先月白浪とか泉源氏を覚えておいて良かったなー」なんて暢気にお弁当のおにぎりなんか頬張りながら、迅兵衛はずんずん先へと進みます。
 途中で人魚の中から速瀬ノ流々様を引っ張り出したり、左近亭で大暴れしたり(開とちどりには内緒だけど、好奇心で右近亭を覗いてみて危うく命を落としかけたりも)、ひと月の間十分修行を積んで帰還です。

 mori_0095.jpeg mori_0096.jpeg
◆双子もひと月ですくすく育ったね。妄想的には小学生くらいに成長してる

 もうひと月双子を訓練するか迷ったけど、迅兵衛くんがやりたがっている「術の併せ」も早く実現させてあげたいので双子には仲良くお留守番してもらうことにしました。
 いってきまーす!イツ花、後を頼んだぞ。

 「はーい!くれぐれもお気をつけて!!」…と、せっかくイツ花も注意してくれたんですが

mori_0107.jpeg
◆赤火だーっ!これは、お気をつけてる場合じゃない!!(笑)

開「ちどり、上まで一気に駆け上がるぞ!!例の術を唱えまくれ!!」
ちどり「はい、お父様!」
開&ち「「速瀬はやせ、はーやーせーーーっ!!!」」

mori_0104.jpeg mori_0103.jpeg
◆バビューン!ドドドドドド! 黄「やあ!…って話聞けよ!!」

 「おい!今からボクわりと大事なこと言おうとしてるんだけど?ねぇ、おいって!」とかなんとか後ろから聞こえてる気がしますが、今日はごめん!忙しい!
 黄川人のアドバイスよりも赤火の方が大事です(きっぱり)!

 九重楼の中腹まで駆け上がったところで赤い火タイムがさっそく開始。すかさず「どっぷり」モードに切り替えて、お宝を持っていそうな敵に襲い掛かるよ。

mori_0113.jpeg  mori_0114.jpeg
◆迅兵衛がやりたかった術の併せも発動!やったね!と思っていたら…!

 風属性の強力な薙刀「かまいたち」が落ちました!やったー!黄川人くんのアドバイスを無視して駆け抜けたかいがありましたね!(ヒドイ)
 「私はお祖母様の薙刀が一番手になじんでるから」と言うちどりの言葉に甘えて、かまいたちは迅兵衛の手に。

mori_0131.jpeg
◆ほくほく

 持ってきた薬も技力も使い切るまで働いて、お宝でパンパンに詰まった袋を抱えた三人は大満足で九重楼から帰還するのでした。

黄川人「用事終わった?じゃあ話の続きだけど」
開・ち・迅「わっ、待ってたの!」

 自称・神様のつかいっぱしりさんからさんざん嫌味を言われつつもアドバイスの続きを拝聴し、三人は京へと戻ります。

迅兵衛「うー、寒い!風が冷たいなー!これが冬ってやつかな?」
ちどり「ううん。イツ花に聞いたけど冬はもっともっと寒くて、空から白くて冷たい雪っていう氷粒も落ちてくるんですって」
迅兵衛「わぁ、面白いけど怖いな。空から降ってくる氷粒なんて当たったら痛くないかな?来月の討伐に行く頃には、雪っていうのが降ってるかなぁ」

開「…そうだな」

 家路の途中、振り返った当主様の視線の先には白く霞む山の姿がありました。

mori_0148.jpeg

2016.08.11 | | 俺屍R 鰯杜家 |

プロフィール

Author:鰯田(いわした)
 年季の入った「俺の屍を越えてゆけ」好き&妄想家です。よろしくお願いします。
 当ブログに拍手やコメント等頂き、心から感謝しています。届け、この想い!

※当ブログには物語のネタバレも記載されております。ご注意ください。

参加させていただきます

2017/08/21~2018/02/28
開催中ですよ!わっしょ~い!



2017俺屍祭り/主催:望月木霊様

家系図

「家系図ジェネレーター(@oreshikagen様)」で作成した当家の家系図です。
(クリア後ネタバレ有)

俺屍PSP版
【鰯田家】
【鰯杜家】New
*****
俺屍2
【鰯乃家】
【岩城家】

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

ブックマーク
*****************************
公式サイト様

※当家へのリンクはご自由にどうぞ!
バナーはこちら


ステキな同盟

 
親子愛・家族愛バンザーイ!

メッセージフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。