自信満々とコンプレックス

 新しい家族も増えて賑やかになった鰯杜家。
 可愛らしい顔に似合わず自信家で口達者な若菜ちゃんですが、素質バーを見る限りではお父さんのやた様からずいぶん沢山いい素質をもらって来たみたい。

 どれどれ素質はどれくらいかな?…とさっそく素質をチェックしてみてビックリ。

mori_0362.jpeg
◆いきなりバーンとぉ!4桁の素質点。すごい!

 わあ若菜ちゃん、キミすごい優秀っ子じゃないの!「しっかり」モードのはずなのに、この遺伝の引きの良さは一体…!
 やた様出血大サービスですね。こんなに小ナマイキなのも、天界のお父さんが娘を甘やかしすぎたせいか?


若菜「ナマイキなんて言ってないわ。そりゃ同じ年頃の他所の子に比べたらわたしの方がだいぶおりこうさんねって思うけど、それは本当のことでしょ」
ちどり「そうね、若菜はとってもおりこうさんね。だからお母さんと一緒に、たくさんお勉強しようね」

 ちーちゃん、さすがに初代当主様や旦那様で慣れているのかとんがった子の扱いはとっても上手。これなら安心して若菜ちゃんとお留守番してもらえます。

 じゃあ母子で仲良く勉強してもらってる間、当主様と双子たちにはかわいい姪っ子のお宮参りの下調べにでも行ってもらいましょう…というわけで迅兵衛・月子・赤丸の三人で、この辺りで一番大きな神社に行ってきまーす!

mori_0369.jpeg
◆本気でかわいい姪っ子のお宮参りをここでするつもりか?

 「いや、お宮参りなら普通に京の中にある一般的な神社に行けよ」って黄川人くんからまともなツッコミ受けそうですが、一行は気にしない。道中で業の火や防人なんかの術書を奪いつつ、奥へ奥へと進みます。
 お社の大鳥居が見えてきたら、みんなで姪っ子のためにお宮参りの予行練習開始!

mori_0384.jpeg mori_0387.jpeg
◆「若菜が丈夫に育ちますように!」「悲願成就!」「ヤキイモ食べたい」 狐『やかましい!』

 突然やって来てワーワー勝手な願い事をし始めた変な一行にブチ切れたのかご神体…じゃないや、大鳥居に巣食っていたボスの稲荷ノ狐次郎が襲いかかってきたよ。

mori_0394.jpeg mori_0397.jpeg
◆チョコザイな!叔父様と曾お祖父様が逆ギレ的な反撃をしてくれるわ!

mori_0404.jpeg
◆どうもすみません、狐次郎さま

 無事にお宮参りの予行練習(?)をすませて帰った一同を、ちどりと若菜が出迎えました。
 姉の顔を見た弟妹たちの顔が、若菜にわからない程度ほんの少しだけゆがみます。「ちどり姉さん…」

mori_0433.jpeg
◆「後で私から話すから、若菜にはまだ黙っていてね?」


・1019年 夏

 あぁ、ちーちゃんの健康度に短命の呪いの陰りが見えてしまった!悲しい。悲しい。

 これにはプレイヤーも凄くショックだけどひとまず心を落ち着かせて、前々からの計画通り当主様自らの交神の儀を行います。
 若菜ちゃんの訓練は再びお母さんにお願いするね。皆が家に居るこのひと月は、家族水入らずで賑やかにゆっくりと過ごしてほしい。

mori_0440.jpeg
◆迅兵衛の交神。お相手は陽炎ノ由良様にお願いしました

 「いい男」なんて誉められたら照れるねー、当主様。どうか由良様が良い子を授けてくださいますように。
 さて交神から戻ってみると、幸いちどりは庭のお散歩ができるくらいにはまだ元気。でもこれ以上討伐に行ってもらうことはできなさそう(漢方の力を借りても健康度60台)。

ちどり「若菜と一緒に行きたかったけど…私の代わりにこれを連れて行って。みんな、この子のことをよろしくね」

mori_0445.jpeg mori_0447.jpeg
◆手渡したのはちどりがずっと愛用してきた「お輪の薙刀」。若菜を守ってくれますように

若菜「大丈夫よ。それより私がいないからって母様は無理して台所に立たないこと!お薬はちゃんと飲むこと!あと、恨み足なんか余裕で倒しちゃうんだから、あまり心配し過ぎないこと!」

 すっかり大きくなって母親にもポンポン言う若菜に「はいはい」って笑うちどり。頑張ってくるから、心配しないでね。

mori_0450.jpeg
◆若菜の初陣。向かう先は白骨城です!

 ちょうど一年前の夏、初代当主様と娘のちどりがたった二人で挑んだ亡者の城。あの時あんなに恐ろしかった鉄クマ大将も、もう討伐隊にはそれほど脅威ではないね。

mori_0455.jpeg mori_0459.jpeg
◆いくら「若菜は初陣だから後ろに下がって」と指示しても、前に出たがる出たがるw

月子「若菜、気負いすぎ。雑魚戦で怪我でもしたら討伐どころじゃないよ」

 叔母様に諌められても若菜はずっと「前へ立って列攻撃」を進言します。焦ってるのかな。
 大丈夫だよ、お母さんきっと皆のことを信じて待っていてくれるから。

mori_0462.jpeg mori_0463.jpeg
◆遂にアシゲの祭壇に到着!

mori_0468.jpeg
◆そして撃破ー!!

 みんな強い強い!初陣の若菜がいるので庇いながらの戦闘になるかな?と思っていたけど、恨み足は既に当家の敵ではありませんでした。若菜の言う通り余裕でチョイとやっつけて、まだまだ時間も残ってる。これは…行けちゃうか?もういっちょ行く?

mori_0483.jpeg
◆よーし、もういっちょう!!行くぞカイナども!!

 先ほどの恨み足とは格が違うカイナ戦です。右と左を間を開けずに倒さないと、いくら倒してもすぐに復活してくる嫌な敵。結界印で攻撃を当たりにくくしたら、薙刀士の当主様に皆で武人を唱えて攻撃力を集中させてと…。

 まだ武人を習得してない若菜も流石にさっきより強敵とわかってるのか、炎風の符などを駆使してダメージを与えていきます。賢いねー!(とか誉めた途端に「前に出る」進言してたw)

mori_0496_20160905222052bcb.jpeg
◆とどめは赤丸の符。「新しい陣も考えていたのに、思ったより早く逝かれた」だそうです

 全員大きな怪我もなくカイナも倒せて少々拍子抜け。初代様と姉さんからものすごく恐ろしい敵だって聞いていたけど、今日は向こうの調子が悪かったかな?と脳天気に笑う当主様。
 いえいえ、皆がそれだけ頼もしく育っているんですよ。この分なら次回は城の頂上まで登れそうだね。待ってろ、骨の頭!

 無事に二体のボスを討伐して急ぎ足で戻った一行。屋敷に駆け込んだ討伐隊を、ちどりは気丈に床から起き上がって玄関で迎えてくれました。
 ちーちゃん、今月はまだ大丈夫。良かった…。

*****


mori_0526.jpeg
◆月が明けて8月。迅兵衛と陽炎ノ由良様の息子が到着しました

迅兵衛「オレに似た…ど、どこが似たんだろう。顔かな、それとも性格?まさかアタm…」

 必要以上に緊張しながら出迎えた迅兵衛くん、部屋に入ってきた息子の様子を見て色んな意味でホッと胸をなでおろしました。

mori_0527.jpeg
◆大丈夫!大丈夫です!(なにがですか)

 由良様が息子につけてくれた名前は信之介。落ち着いた優しそうな子に似合う名前をつけてくれたね。ありがとう。

信之介「お初にお目にかかります。信之介です。よろしく…」

 がっしりした身体に似合わず少し自信なさげな声。それもそのはずこの信之介くん、なんだか能力値が全体的にコンパクトで本人もコンプレックスに思ってる様子なんです(後でわかったんですがこの時期、モードを間違ってずっと「どっぷり」に設定していたんですよね。そりゃ厳しい能力値になるはずだ!信之介ごめんよ…!)。

mori_0542.jpeg
◆この愛らしい技水の値…!

 信之介くんには鰯杜家初の槍の使い手をお願いすることにしました。
 「はぁ、頑張ります」と頭をかく息子に「信之介のやりたいようにやっていいんだよ」と頭をポンポンする迅兵衛(ワシワシ撫でたいけど我慢したのは、かつての初代様と自分のことを思い出したからだとか)。

 でも翌月になったら信之介の背がタケノコみたいにニョキニョキ伸びて、迅兵衛が息子の頭を撫でるの難しくなるんだろうなあ。

mori_0550.jpeg
◆一家そろってみると、お父さんが一番小柄っぽいよw

2016.09.06 | | 俺屍R 鰯杜家 |

プロフィール

Author:鰯田(いわした)
 年季の入った「俺の屍を越えてゆけ」好き&妄想家です。よろしくお願いします。
 当ブログに拍手やコメント等頂き、心から感謝しています。届け、この想い!

※当ブログには物語のネタバレも記載されております。ご注意ください。

企画参加させていただきます



2017俺屍祭り/主催:望月木霊様

家系図

「家系図ジェネレーター(@oreshikagen様)」で作成した当家の家系図です。
(クリア後ネタバレ有)

俺屍PSP版
【鰯田家】
【鰯杜家】New
*****
俺屍2
【鰯乃家】
【岩城家】

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

ブックマーク
*****************************
公式サイト様

※当家へのリンクはご自由にどうぞ!
バナーはこちら


ステキな同盟

 
親子愛・家族愛バンザーイ!

メッセージフォーム