スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告 |

助っ人さんいらっしゃい

 10月になりました。街もすっかり秋の装いです。
 夜鳥子さんが作る特製鍋料理だって、そろそろ『高難度のガマン大会』という様相から一転して『美味しいごちそう』と讃えられる季節ですね。


 先月とうとう短命の呪いがアザという形で顕著化してきた白須様、月を跨ぐとそのアザはますます色濃く、大きく広がってきました。

ore164s.jpg ore168s.jpg
◆予定通り、漢方薬のお世話になります。鼻つまんで天井見上げて、さあ一息に!

 漢方さえ飲めばまだまだ討伐に行くこともできるけど、白須様は息子・波平に訓練を施しながら水入らずの時間を作ることに決めました。この頃にはもちろん波平も、父のアザがどういう意味を持つのか聞いています。
 残された時間くらい、白雪神社の境内へ向かう階段を往復ダッシュとかして、親子仲良く筋トレすると良いよ!

 さて一方、3人となってしまった討伐隊の行き先です。やってみたいのは一枠空いたメンバーに、他所のお宅から『傭兵』を雇い入れること!

ore170s.jpg
◆まずお世話になる国を決めます

 デフォルトで入っている国以外の遠征先は、月ごとに少しずつ変化します。でも一度セーブすれば、後でリセットしてもセーブ時に表示されていた遠征先のままでした。
 つまり月を跨ぐタイミングで他国データがランダムに選定・保存されて、遠征先が決定しているってことかな?

 脳内では「一族はその月にたまたま寄港している交易船に便乗させてもらっていて、船の交易先によって遠征先は毎月変化するのだ」としています(でも帰りはどうするんだろう?)。

 さてそんな感じで到着した某国で、まずはその国を治める一族さんとご対面です。彼らをよーく確認してから、傭兵を頼みたい人を選ばせてもらいます。

 今回お願いしたのは男性の踊り屋「伊吹」さん。指南書をまったく手に入れられない(笑)我が鰯眞家、踊り屋の人を見るのも初めて。
 早速見たこともない装備をまとった伊吹さんを雇い入れて(お金がかかりますよ)、いざ出発!おなじみの「焔獄道」へ!
 
ore174s.jpg ore175s.jpg
◆伊吹さんと。踊り屋さんは、勝利ポーズがいちいち格好良いですね!

 こちらの迷宮「焔獄道」は我が鰯眞国よりも敵が少しだけ硬くて、レベルが高いみたい。
 でもほら、雇い入れた伊吹さんがね!踊り屋さんがね!強いんですよー!使える術が実に多彩で、さらに前後列の範囲攻撃ができるのが凄く心強い!
 大洋も若水も、大船に乗った気持ちになって「確かに敵は強いけど、まだ奥行けるな!」「行けそうですね」と緊張せずに奥に進みます。そして辿り着いたのは

ore176s.jpg
◆こんにちは!胸借りにきました!

 気さくな兄さん『火車丸』様と闘うのもこれで3度目。解放タイミングのようで、戦利品スロットの中に解放用の装備品「炎熱地獄」(槍)が出た!
 解放のあとに残るのが特殊な武器防具っていいですねー。「朱ノ首輪」よりもこっちのほうが嬉しいです。

ore177s.jpg ore181s.jpg
◆「燃えてるなら消火すればよかろう」と言わんばかりの夜鳥子さんの【華厳】推し

 ここでも傭兵の伊吹さんは立ち回りが上手。誰かが状態異常になったら直ぐに【仙酔酒】、また誰かが【華厳】の併せを発動し始めたらすかさず【水祭り】(水技の威力を強化する術)を唱えるという親切ぶり。
 プレイヤーも進言を見て「頭いいなぁ!」と感心しました。こんなに臨機応変な進言、うちの子もしてたっけ…?(笑)

ore183s.jpg ore184s.jpg
◆術を4人で併せてみたり、大洋が一撃食らわせたり…90ダメージ?硬いなあ!

ore187s.jpg
◆でも遂にさわやかな挨拶をしながら

ore190s.jpg
◆『火車丸』様、無事に昇天です!お疲れ様~

 傭兵システム、いいですね。
 健康なのに留守番をさせられて忠心を下げた家族を見るのが苦手な自分は、家族の人数を最低限に抑えたくなるので、いざ!という時に手が足りなくなるんですよね。
 例えば「前月に大怪我で健康度が著しく下がった家族を休ませたい」とか、今回のように「子どもの訓練したい!」などで出撃メンバーが減った時、助っ人を呼べるのは心強いです。

 (でも某様も書かれていましたが、今回のボスは、倒すとその場にいる出撃メンバー全員の忠心が上がるのはもちろん家に残った者も少し上がる仕様になったので、留守番で下がってしまう忠心をフォローしやすくなったようです。大家族プレイもそれなら少しやりやすいですね!)

ore192s.jpg
◆ただいまー!

 帰宅した討伐隊をおかえり、と白須様が出迎えます。
 足元がフラフラしているのを見て心配する家族に「いっやぁ、子どもの体力っていうのはハンパないなあ!これじゃ、誰が鍛錬させられてるかわからない!見ろ、筋肉痛で震えるこの足!」と笑う白須様。

 もともとまじめな人だから、誰に言われなくても漢方薬をキチンと飲むし、波平が炊いたご飯だって今朝も普通に食べていたそうです。

ore193s.jpg
◆波平の訓練の成果。やはり自主訓練とは伸び方が全然違います

 「なかなか良く頑張っただろう?皆も帰ったことだし、明日は、休む かなぁ…」


 白須様がそのままペタンと廊下に手を着いたのは、晩秋のある日のことでした。

2014.05.18 | コメント(0) | 俺屍2体験版 鰯眞家 |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:鰯田(いわした)
 年季の入った「俺の屍を越えてゆけ」好き&妄想家です。よろしくお願いします。
 当ブログに拍手やコメント等頂き、心から感謝しています。届け、この想い!

※当ブログには物語のネタバレも記載されております。ご注意ください。

企画参加させていただきます



2017俺屍祭り/主催:望月木霊様

家系図

「家系図ジェネレーター(@oreshikagen様)」で作成した当家の家系図です。
(クリア後ネタバレ有)

俺屍PSP版
【鰯田家】
【鰯杜家】New
*****
俺屍2
【鰯乃家】
【岩城家】

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

ブックマーク
*****************************
公式サイト様

※当家へのリンクはご自由にどうぞ!
バナーはこちら


ステキな同盟

 
親子愛・家族愛バンザーイ!

メッセージフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。