鰯の屍も越えてよし

ゲーム「俺の屍を越えてゆけ」プレイ記録

私の屍も越えてゆけ

TOP

 PSP版「俺の屍を越えてゆけ」、とうとう出ましたね。「いつかきっとリメイクするだろう!」とは思っていましたが、実際に出ると感慨もひとしお。桝田さんのちょっと毒と癖のあるゲームシステムとシナリオ、妄想力を掻き立てる本編と関係のない遊びの部分の深さが大好きで、PS版では大層楽しませていただきました。 和風RPGよ!カッパとか出ちゃうよー!

 ゆるゲーマーなので進行は牛歩の歩みだろうけど、次々と生まれては生きて、死んでいく、可愛い子孫たちの記憶を少しでもメモしておくことにします。ちょっと当主様の脳内妄想付きで。よろしく。


 まずは物語の発端となった父上母上の朱点童子との決戦の模様をムービーで確認。
 あ、画像はPSのと同じだけど、セリフは撮り直したのかな。ちょっとセリフのニュアンスが違うみたい。何て喋ってるか聞こえやすくなってるような。あー、お輪かあさん美人だなぁ。
 余計なことも思いつつ父母の無念を心に刻み、つぎは初代当主(=プレイヤー)の情報を入力します。
 うーんと、名前は「鰯田 さでん」。女性当主にしようかな。あ、いっそのこと鰯田家は女系家族ってことで、当主の継承権は女性の方が優位ってことにしよう。誕生日も入力し、当主様できあがり!同時にランダム(?)で作成される副題が決まる。どんなタイトルだろう?

ジャーン!

サブタイ
◆大層なタイトルになってしまったぞ

 それでは誇りが高いらしい鰯田一族のてんやわんや鬼退治、はじまり~~。


↓ ざっくりとした目次

続きを読む

まずはサッサと子づくりだ(凄いタイトル)

oreshika_0004-1.jpeg
◆初代当主様です。ひ弱です。

 リメイク版では、一人一人にちょっとした「一言」が付いてるのが面白い。人によって「趣味」だの「苦手」だの、その人達の人となりがちょっと垣間見える「一言」がくっついてるようです。ちなみに初代様の一言は「信条:明鏡止水」だって。大人だなぁ。 さすがは誇り高き一族の開祖様だ!

 では、その誇り高い鰯田家が、悲願の打倒朱点童子のためにたてる当面の目標は何ぞや!?・・・とか悩む間もなく、自動的に子づくりですよ。だって目標も何も、当主様は現在天涯孤独の一人っ子。ワラワラと沸いて出てくる鬼たちをキレイさっぱり懲らしめるには、まずは一族をバリバリ増やして数にモノを言わさねばなりませんよ。

 イツ花の「顔で選んじゃえ!」の一言に、ハーイとばかり男神「鹿島 中竜」を選んだ初代様。金色の目に青味の掛かったロン毛の、水属性のイケメン系神様!これはきっと、儚げで可憐な女子か線の細いイケメン男子を授けてくれることでしょう!

続きを読む

オトメっぽいぞ

 ゴツイけど裁縫が得意な長男坊(強制的に薙刀士)を従え、相翼院や鳥居千万宮なんかをブラブラと見学してみる女剣士・初代様。アナログスティックはグリグリ動きやすくて快適です。

 フィールドのビジュアルが、PS版よりも良い感じに進化していますねー。水墨でザザッと書いたような和風な背景に、不気味可愛い和な妖怪たちがピョコピョコ跳ねて襲ってくる。彼らの動きも滑らかです。あ、でもたまに棒立ちになって動かなくなっちゃうのはどうしちゃったんだろう?処理速度の問題?こちらは敵の背後が取り易くていいけど。

 しかし、二人で迷宮探索はやはりちょっと無理があります。ここはもう、再び交神の儀を行って裁縫長男・海の妹か弟をこさえるのが得策でしょうか。というわけで、またゴツイ系だったら面白かろうとは思いましたが、早く時期当主狙いで娘が誕生しないかなぁと思いつつ、父親は「熊祖権現」様に決定。またゴツイのが生まれそうなチョイスをしてしまった・・・

 しかし

oreshika_0008.jpeg
◆次男坊

 あ、意外とカワイイ系男子だ。しかし「椿が好き」とはまた・・・どうしてうちの息子たちはこう、オトメン揃いなんでしょうか?それとも、心の風が強いから不思議キャラなのかなぁ?

※メモ
心の「火」が強いと血の気が多く家出しやすい、「水」が強いと、心優しくて回復を優先させる。「風」が天才肌の不思議ちゃん、「土」が縁の下の力持ちタイプ・・・と、パラメーターで子供の性格まで妄想できるよ。妄想家に優しいシステム―。

ウサギスキー

 そういえば、PS版と比べてイツ花ちゃん、黄川人くんのグラフィックがなんだか小奇麗になって、ちょっと大人っぽくなった感じですね。
 表情もPSP版の方が、セリフ内容によってコロコロと変化するので見ていて楽しい。黄川人くんは、いかにも桝田さんのゲームの登場人物!という感じです。ちょっとサドっぽく、悪気なさそうに、しかしわざとらしく意地悪を言うところがw

oreshika_0006.jpeg
◆俺屍界のビジュアル系
 
 さて3人家族で剣士、薙刀士、弓使いとバランスも取れてきたので、相翼院や九重楼、鳥居千万宮を順番に覗いて行く母ちゃんと息子たち。体力も付いてきたので、ちょっと走ったからってすぐに「健康度注意」になることもありません。頼もしい。
 それにしても後ろの敵を攻撃できる弓使いは、やっぱり便利。★3つで戦勝点3倍!の時に大将が前列にいるとき、弓で後列攻撃ができるとうんと楽です。心の風が強いせいか、雑魚を上手に掃除する進言をしてくるのもいい感じ。

続きを読む

青の血筋?

 さて、初代様も3人の子供たちに恵まれて、晴れて4人フルメンバーで鬼退治に出かけられるようになりました。
 今のところ、この子供たち3人の血筋を末代まで伸ばしていく計画です。この先双子が生まれたら、どうしようかなー。

oreshika_0010.jpeg
◆質素だが、家族写真でも撮ってみた

 それにしても見事に青髪の率が高いです。髪の毛はその子の「技」の素質が強い部分が色で現れるので、鰯田家は水の術に明るい子たちが多いってことね。ちなみに肌の色にはその人の「体」、目の色には「心」が現れる。(※2014年追記 なんと、「リメイク版」では素質の色の出方が変更されていたそうですね!髪には「心」、目には「技」の素質が反映されているそうです。そして攻略本の記載は一部誤植だったとか…!知らなかった―!でも修正するのも今さらなので、「当時は気づいてなかったんだなぁ」と笑ってやってくださいw)

 4人もいれば、各ダンジョンとも雑魚に痛い目にあわされる心配もほとんどありません。チャッチャと技の巻物や良い装備を雑魚鬼から引っぺがして、ダンジョンの奥に進みたい。
 しかし鰯田家はクジ運が悪いのか、欲しいものがなかなか出てくれませんよ。まずは相翼院の「槍の指南書」が欲しい!槍使いラブ!それから回復の術『お雫』や、敵の防御力を削ぐ『盾削り』も重要。出ろ―出ろー!

続きを読む