鰯の屍も越えてよし

ゲーム「俺の屍を越えてゆけ」プレイ記録

雲雀と蛇とホトトギス

 明けて1021年、新年の抱負も決まりそれに向かって動き始めた鰯杜家。

 第一の抱負は「鰯杜家に継承刀をつくること」、そして第二に「剣士の奥義を創作すること」、そして第三に「朱点童子を奥義で徹底的にぶっ叩くこと」です。

 えーとまず第一の目標「継承刀」!べらぼうに高い制作費だけど今なら大江山で拾った武具もあるし、蔵の物も売り払ってお金を作ればなんとかなるか?

mori_1684.jpeg
◆…と思ったけどそれは幻想だったようです(桃花の体火が上昇して制作費が大高騰)

 必要金額、いつの間にやら8万両を越えてる!武具の他に蔵に貯めていた壺や茶碗、さらに朱の首輪なんかも全部売り払ったとしても、これでは到底足らないよ。とほほ…

桃花「お金が足りなきゃ仕方ない。次の剣士の子に、そのぶんいい刀を作ってあげよう」

 こともなげに言う桃花だけど、その刀で朱点が倒されるところは自分には見届けられないってわかっているはず。
 なぜなら先日の大江山から戻って間もなく、すぐ上の兄貴分である信之介の寿命に陰りが見えはじめたんです…。

mori_1695.jpeg
◆大江山下山後に下がり始めた健康度。当主様もすごいショックだったと思う

続きを読む

いざ再び!

 さてさて若菜の娘、佳代がやって来て女の子の割合が増えてきた鰯杜家です。

mori_1262.jpeg
◆今いる家族のうち3分の2が女の子

 新人の佳代は猫の蚤取りが趣味というのんびり娘。暇がある時は縁側で日向ぼっこしながら昼寝中の桃花の隣で、馴染みの猫なんか膝に乗せていじってたりしていそう。うーん、和み。

 心土も高いから「ほら、佳代!見ろ見ろ!!」って言いながら塀の上を逆立ちで歩いて見せて、手が滑ってそのまま向こう側に落っこちていく吉竹を見ても「あら~…」ってぜんぜん動じなさそうです。う~ん、和み。

mori_1264.jpeg
◆素質はお母さんに次ぐ第2位。あっ、3位は吉竹だったね!吉「どういう意味だよ」

 いや実は『そろそろ剣士の奥義「疾風剣」や弓使いの奥義「連弾弓」あたりを創作していい頃なんだけど覚えないなー』と、勝手に素質低めなイメージになってました。ごめん。

mori_1269.jpeg
◆剣士の桃花も弓使いの吉竹も能力値が足りなくて奥義創作に至らない

 よく見たら全体的にはクリアしてるのに能力値が一つとかふたつだけ極端に数値足りないんだね。桃花は技風が目標値の245に届きそうにないし、吉竹は心風の目標250に届くのが難しそう。

続きを読む