鰯の屍も越えてよし

ゲーム「俺の屍を越えてゆけ」プレイ記録

実録 鰯杜戦史 プロローグ

 鰯田です。先日から引き続きのこんにちはです。
 この間まで暫くクウクウ寝ていたと思ったら不意に起き上って連続で投稿を始めるという当方のブログのオン・オフ激しい状態には自分でも呆れてしまいますw

 さて、先日の記録で申しあげたとおり、長々と頑張ってきた「俺屍2・岩城家」を自分の満足する形で終わることができまして、鰯田すっかり心に余裕ができました。

 なので、久しぶりに俺屍Rを起動して遊びはじめたんですよ。

oreshika_0001_201608031100528b5.jpeg
◆日本男児でいざ参る!

 そうしたら、あぁもうなんですか!この古巣に帰ってきたかのような安心感(笑)。
 プレイしながら脳内でバンバン紡がれていく一族人間模様とドラマ!!楽しい。2もいいけど俺屍やっぱり楽しいー!

 プレイしているうちに脳内でグツグツと一族妄想が煮詰まって、再びプレイ記録みたいなものをつけられたらいいなぁと思いはじめてしまいました。
 以前プレイ記を書いていた時と現在では鰯田(プレイヤー)の環境が少し変わりゲームプレイやその記録に時間を取れる時とそうでない時の差が激しくなってまして、進行はとってものんびりになりそうです。
 ですが、ひとまず記憶が新しいうちにチマチマここに書いて行こうと思っています。

 プレイするにあたって特に縛りは設けません。モードも臨機応変に(基本はしっかりorじっくりモードかな)。相変わらずの効率・早解きとは無縁の鰯田妄想優先プレイで参ります。
 プレイヤー的にはこんなことしても無意味だなって知ってることでも、「でもあいつだったらこう考えるはず!」と妄想してしまったらそっち優先。だからかなりの非効率プレイです。

 記録内では一族妄想がかなり重めに入っているので、そういうの苦手な方はご注意くださいね(一族がちょこちょこと会話したりしますよ)。

 そんな感じで参ります。よろしければ暫くの間、お付き合いくださいませ。

 総合もくじへ