鰯の屍も越えてよし

ゲーム「俺の屍を越えてゆけ」プレイ記録

華と光

oreshika_0299.jpeg
◆まだ子供なのに、ご執心とかすごいな

 上は、SS撮られ忘れの不遇の龍ちゃんがうちにいた時の様子です。火の女神がいい!って・・・このタイミング・・・ある女神様って、あの女神様?
oreshika_0336.jpeg←能力値がヒヨコ並みの火の女神様

 「仕事人」があだ名の現当主様は、龍ちゃんからのこの訴えは聞かなかったことにした様子。気持ちは分かるけど、ダメだから!ただでさえ一族の弱体化が進んでるんだから!家族にそんな説得をしていたある日、当の当主様がバッタリ倒れちゃった。弱体化していたのは当主様じゃん!いい歳なのに興奮するから・・・

oreshika_0297.jpeg
◆「でも、龍の嫁にあの女神様は却下だゼ!」

 
 
 思えば当家に来てすぐに鬼母の強烈なしごきに耐えるハメになり、「若いんだからお前やれ」の一言で当家初の男当主に任命され、女っ気のない侘しい家で「女の子授けてください」と必死に祈りを繰り返してたけど結局悲願を達成できなかった7代目当主の勲君。「仕事人」というより「不幸人」だったな・・・。

 そんな彼の次に8代目を任されたのは彼の息子、徹。女系家族の鰯田家で二人目の男の当主様。当家にいまだ女の子が生まれない以上やむをえませんな。子ザルみたいだった父よりも少しキリッとした顔つきで、あだ名も「親分」。しっかり鰯田家を支えてくれそうです。期待してますよ。

oreshika_0296.jpeg

 そういえばこの徹、拳法家の家系だったんだけどここで突然槍使いになってもらいました。いまいち拳法家の火力に満足できなくなってきちゃって・・・連続攻撃が出ればすごく強いんだけど、連続が決まらないとやっぱり拳法家の攻撃力はちょっと物足りないかな。あと、プレイヤーが槍使いラブだから(くどい)。

 このあたりから先日決心した通り、交神のサイクルを少し早めてみることに。とにかく今は、安い奉納点の神様でもいい!家族の人数が常時5~6人程度に安定するまで、定期的に交神を行うことにするよ。様子見で3ヶ月か4か月ごとに交神してみるか。
 次の交神は、剣士の梅雄。お相手は「春野 鈴女」様でお願いします。よし!今度こそ悲願の女子誕生を、7代目の後を引き継いで!祈れ!!8代目!



oreshika_0300.jpeg
◆う ま れ た - ! !

 おお、あっさり生まれた女の子!バンザーイ!!心の水がうんと高くて(これはお爺さんの竹雄に似たね)「薬草摘み」が得意とは、なかなか清純そうなお嬢様です。なんにせよこれで家の中がパッと華やぐことでしょう…ということで、名前は「華」としました。・・・で、セーブしてから気づいた。この子のネーミング、法則間違えてるー!この子は二文字名前の家系だから「華」じゃ変だったなぁ。失敗。仕方ないので、プレイヤーの脳内では「お華」と呼ぶことにします。

 一族に久々に生まれた可憐な娘さんをカワイイカワイイと喜ぶ一同、嬉しさのあまり討伐にも身が入った様子。鳴神小太郎を倒せたり選考会でも余裕の一本勝ちを連続でおさめたり、風向きがいい感じに変わってきました。ゲンキンだなあ。

oreshika_0298.jpeg

 それからきっちり3ヵ月後、今度は逃げ足得意の弓使い、菊之助が交神。お相手は「阿狛・吽狛」様。双子が生まれやすい事で有名な神様なんだけど、男女どちらでも交神のお相手に選ぶことができるという不思議な方。神様ってなんでもアリだな。
 生まれたのは、

oreshika_0303.jpeg
◆また女の子!!

 一気に二人も女の子が増えました。素早い父と違い、こちらは防御力が高いおっとりタイプみたいです。それにしても、連続で悲願の女の子誕生。8代目当主様ったら、引きがイイよ!!