鰯の屍も越えてよし

ゲーム「俺の屍を越えてゆけ」プレイ記録

オトメっぽいぞ

 ゴツイけど裁縫が得意な長男坊(強制的に薙刀士)を従え、相翼院や鳥居千万宮なんかをブラブラと見学してみる女剣士・初代様。アナログスティックはグリグリ動きやすくて快適です。

 フィールドのビジュアルが、PS版よりも良い感じに進化していますねー。水墨でザザッと書いたような和風な背景に、不気味可愛い和な妖怪たちがピョコピョコ跳ねて襲ってくる。彼らの動きも滑らかです。あ、でもたまに棒立ちになって動かなくなっちゃうのはどうしちゃったんだろう?処理速度の問題?こちらは敵の背後が取り易くていいけど。

 しかし、二人で迷宮探索はやはりちょっと無理があります。ここはもう、再び交神の儀を行って裁縫長男・海の妹か弟をこさえるのが得策でしょうか。というわけで、またゴツイ系だったら面白かろうとは思いましたが、早く時期当主狙いで娘が誕生しないかなぁと思いつつ、父親は「熊祖権現」様に決定。またゴツイのが生まれそうなチョイスをしてしまった・・・

 しかし

oreshika_0008.jpeg
◆次男坊

 あ、意外とカワイイ系男子だ。しかし「椿が好き」とはまた・・・どうしてうちの息子たちはこう、オトメン揃いなんでしょうか?それとも、心の風が強いから不思議キャラなのかなぁ?

※メモ
心の「火」が強いと血の気が多く家出しやすい、「水」が強いと、心優しくて回復を優先させる。「風」が天才肌の不思議ちゃん、「土」が縁の下の力持ちタイプ・・・と、パラメーターで子供の性格まで妄想できるよ。妄想家に優しいシステム―。