鰯の屍も越えてよし

ゲーム「俺の屍を越えてゆけ」プレイ記録

えぇい、この貧乏帝め!(暴言)

oreshika_0022.jpeg
◆麻呂眉の帝

 1年目は人数も揃ってないし装備もヘボだし、ということで見送っていた「夏の朱点童子公式討伐隊選考会」(長い)に、今年は参加することにしました。 チマチマとダンジョンで鬼退治をするよりも戦勝点はガッポガッポ入るし、運よく優勝すればご褒美もあるでーと噂を聞き、貧乏な鰯田家の面々はやる気満々ですよ。高価な名品珍品や装飾品、取ったるでー!

 選考試合では道具使用禁止。運悪く強豪と当たっても、イザという時の便利道具「七光の御玉」や「当主の指輪」が使えない。ここは二代目当主様のクジ運を信じよう。頼むぜ、二代目様!

oreshika_0023.jpeg
◆物語が進むとめったにお目に掛かれなくなる程の最弱組、円山町愚連隊の皆様を猛攻

 お、クジ運良いね!まぁまぁ無理なく勝ち進んで、決勝戦は最弱ランクの皆様に術の併せでエグイ攻撃を放ち(ごめんなさい)、とうとう鰯田一族

oreshika_0025.jpeg
◆優勝!

 ひゃっほー!ご褒美!ご褒美!
 賞金と一緒に贈られる装飾品や名品珍品は玉石混合となってて、まれに高く売れるモノが混ざってます!提示される商品から、優勝者は5個も選んでよい!果たして高いのは混ざってるのか?

oreshika_0026.jpeg
◆しょぼん

 無一文茶碗:750両 竹二重花入:1050両 唐物茶入:1150両 アマ栗茶碗:850両 御井戸香炉:1000両

 うぅん、最初はこんなもんだったのか。なんか、前世(PS版)では数万両の茶碗とか混ざっていた記憶があったんだけど、それはもっと先のことなんだね。ここはおとなしく、まだ復興ままならず店に並んでいない装飾品を幾つか貰っておきました。

 あ、しょぼんと言えば、ダウンロードで源太さんとお輪さんの武器頂いたんですが…



oreshika_0018 (2)
◆しょぼん

oreshika_0019 (2)
◆しょぼぼん

 普通に店先に並んでる武器たちの、半分くらいの攻撃力しかなーい。ダウンロードのタイミング遅すぎたー!
 初代様の頃だったら重宝して使えただろうに、今となっては蔵に飾っておくしかない…!勿体ないことしたなぁ。